歯医者をしっかり選ぶ|歯のスペシャリストの力

白い歯

知られず矯正治療

歯の模型

歯の矯正に興味があっても、人に見られることに対して抵抗を感じる人は多いでしょう。矯正と聞いて多くの人が想像するのは、金属でできた歯を固定している装置でしょう。表に装着するため、笑っても会話をしても人の目に触れてしまいます。最近では歯を固定する部分が透明な素材になっているものも登場していますが、金属の装置よりは目立たないとはいえ、やはり矯正していることには気付かれてしまうでしょう。仕事をしながらだと見えてしまう矯正装置に抵抗を感じる人は多いでしょう。特に女性の場合は他人からの視線に敏感です。矯正装置が付いていることで仕事に集中できないとナーバスになってしまうケースも少なくありません。そんな悩みを解決してくれるのが裏側矯正です。歯の裏から装置を固定するため、笑顔を浮かべても話をしていても矯正装置が見えにくいのです。

裏側矯正は見えない矯正歯科治療です。誰にも気付かれることなく治療をしたいという人には非常に適しています。歯は隙間ができてしまうとどうしても押される強さに対して抵抗力が下がってしまいます。前歯が前に出てしまっている人の場合、隙間があることも歯の固定力を阻害して出っ歯になりやすい状態を作り出してしまっている可能性が高いです。また、舌で無意識に歯を押してしまったり、歯に舌が触れるように無意識に動かしてしまっている人は歯に歪みが生じやすいと言えます。こうした舌のクセを改善することも、裏側矯正では期待できるのです。また、虫歯になるリスクと隣り合わせとされていた今までの矯正歯科ですが、唾液によって乾くことがない裏側に装置を付けることで虫歯リスクを軽減することができます。唾液は虫歯が繁殖する歯垢が歯の表面に定着することを防ぐ役割を持っています。また、細菌が口腔内に増えると酸性になってしまいやすいのですが、唾液は中和してくれるため歯の裏側は虫歯になりにくい箇所とも言えるのです。表面は装置がないためしっかりと歯磨きを行えますし、裏側は唾液の力を借りることができるため、裏側矯正は非常に優れていると考えられます。